富良野フェローカップ ・スイス(4月3日・4日)

無事富良野フェローカップが終了しました!
雨に降られることなく終えることができたことは幸運でした!

今回はスイス政府観光局の協賛のもと開催です。
現状海外スキーへの扉は開かれておりませんが、再開の可能性が最も高いスイスへと繋がるイベントとなるよう企画しました!

スイス政府観光局からは押尾様、スペシャルゲストとして渡辺一樹さんにお越しいただき開催です。総勢25名のお客様に参加いただきました。
有難うございます!!

id=3564″ rel=”attachment wp-att-3564″>AE2DC040-F86D-4435-A58E-B0F5C3AC575C_1_105_c

まずはコースセット。
渡辺一樹さんにポールセットいただきました。
テクニカルなコースで15旗門です。

62A89648-E0D1-4D05-82B2-BF11BA137F27_1_105_c

フェローカップの前に3班に分かれまずはワンポイントレッスン!

599882DA-5F12-4938-9A08-81A05ED66102_1_105_c

様々なシチュエーションに合わせたレッスンで良いイメージでフェローカップに臨みます。

636EDBED-BEB5-458C-BDC3-511C572FAEF5_1_105_c

雨が心配でしたが降られることなくホッとしました。
さぁ!スタートです!

691B0E29-C640-4D7B-AAC3-D8D03FB1FF21_1_105_c

予測タイムと実測タイムの差が最も近い方が優勝するファンレース。
盛り上がりましたよぉ〜!!

97CF8757-3C64-492F-A38C-554426B82A7A_1_105_c

496B6579-75AF-468F-BFF0-850C395FCB88_1_105_c

407C4667-B0FE-4F5B-8F3E-A4EA8DD98040_1_105_c

9E1D98F2-3262-429F-B415-BBF2CFFDA4C7_1_105_c

表彰式には新富良野プリンスホテル支配人の朝山様がわざわざお越しいただきました。

97E63BE6-FF42-4578-BED2-83A01088FF15_1_105_c

押尾様より冬のスイスの魅力をプレゼン。

スイス。。。。1日でも早く行きたいですね〜。
お客様もスタッフも切なる思いです。
殆ど国外に行き渡らないスイスワインを赤・白と提供いただきました。

F7A635DE-FBB8-4565-B8CE-976BECC5E273_1_105_c

フェローからも最新のツェルマットとグリンデルワルト情報を発信しました。
グリンデルワルトはVバーンが完成し、グルントからアイガーグレッチャーまで約15分でアクセス可能に!
大きく生まれ変わりましたので、初めての方は勿論、一度訪れたことがある方も是非お勧めです。

ツェルマットはテスタ・グリッジャ〜グレイシャー・パラダイス間を繋ぐゴンドラが2022年完成予定!
その名も「アルパインX(クロッシング)」計画。完成すると夏もイタリア側からスイス側へアクセス可能に!
その後の計画では、バルトルナンシュとモンテローザスキーエリアを結ぶ計画も既に進んでいます。
今後も目が離せないスイスのスキーエリア。
是非復活の海外スキーはスイスよりお楽しみください!

2021-04-03_20-51-57_785 2

一樹さんからは白熱したフェローカップの総評をいただきました!

AA06ECD7-52C8-44F3-A1AB-D2DCA537C085_1_105_c

 

2021-04-03_21-07-32_220 2

そして、ツェルマットのリフト会社であるベルグバーネンよりいただいたマッターホルンのマスクで集合写真。このマスクは貴重でカッコいい!!優勝者にはスイスツアーで利用できる10万円分の旅行券や豪華賞品がずらり!

無事、初日を終えることができました。

CC2BBC36-23A8-458F-A3FE-B7BB16A34018_1_105_c

2日目は昼まで一樹さんのレッスンです。
ガス模様でしたが貴重なアドバイスをいただきました!
有難うございます。

ED9EA46F-B75B-4BAE-BFA7-D9BE697BFB1E_1_105_c

A4A53990-2FAC-458F-812E-3065465A4971_1_105_c

Fellowとは「仲間」という意味です。
海外でなくともスキーの楽しさは変わりません。
共通の楽しさを共有できることは非常に素晴らしいことです。
2021-22シーズンはフェロー45周年記念ツアーを企画予定!
今回のような仲間とスキーの楽しさを来シーズンは是非海外で迎えることができれば嬉しい限りです。
今後ともフェロートラベルをよろしくお願いいたします。

3184CF03-AEF5-4F8F-839B-16CF45BE6DB0_1_105_c

グーグルフォトより写真のダウンロードが可能です。
下記より。

https://photos.app.goo.gl/d39vsigDLXfohDXE7

園原 遊

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

フェロー白馬ツアー in 白馬東急ホテル 滑走最終日

本日は滑走最終日。
前夜からの天気予報では21日は一日中雨!!!

 

しかし、朝起きてみると昼まではもちそうな予報に変更。
2名様は雨を覚悟で出発です!

8C74AAE9-C3FB-468B-9F05-0F84FFBF36A9_1_105_c

日曜日でしたが、天候もあってか空いており意外に快適に滑走できました!
兎平、黒菱、咲花、名木山エリアと全て制覇!

7C43C573-F44D-4AB8-8248-ABE461BE7B83_1_105_c

C54DB35B-C590-4FD5-A00E-86122194736A_1_105_c

C9B43C38-1D22-49CC-91E4-14FB52B54BC8_1_105_c

C7E9F7A6-CF4C-4AF9-932A-1EC985DDA618_1_105_c

特に咲花エリアは貸切状態。

281AE27A-85F9-4311-821C-8B5E301FD9A6_1_105_c

12時終了後に雨が降ってきました。
ナイスタイミング!

A57595FA-3E8A-4ED5-8686-5D4B3A915FC9_1_105_c

この度は、ご参加いただいた皆さま本当に有難うございました。
今度は海外でお会いできること楽しみにしております。

園原 遊

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

フェロー白馬ツアー in 白馬東急ホテル 滑走3日目

本日も快晴なり!
天候には味方され、3日目も素晴らしい天気のもとスタートです。

本日は栂池高原スキー場です。
白馬東急からも15分の近さ!

37C29C65-6278-46F8-9D31-2ACD94EE16D4_1_105_c

土曜日だけあってスキー場はけっこう賑わっています!

828ACADE-C6A6-426D-B1FF-195119ACBAAB_1_105_c

栂池から見る北アルプスもまた素晴らしい。
どこから見ても絵になります。
白馬大雪渓もはっきりと望めました!

5B1F1EAF-ED09-439E-BC22-DBE38C308079_1_105_c

A9296A20-E35C-4EBE-8E3F-3312E59239C8_1_105_c

ドイツ、オーストリアのビール。
海外を思い出しますね!!

72B7FA54-86EA-4951-AE97-B75CF05E6524_1_105_c

雪はさすがに春雪ですが、午後も最後まで楽しみましたよ!

B5527826-7CB8-4076-8A43-3BF35225C8CD_1_105_c

本日の夕方は今回のツアーに特別協賛いただいているフランス観光開発機構の金田様にお越しいただき、ローヌアルプ地方の魅力を存分に伝えて頂きました。
シャモニー、ヴァルトランス、ヴァルディゼールと広大で一度は訪れてほしいスキーエリアです。
フランスは本当に良いスキー場が揃っています!
お持ちいただいたワインもまた美味しい!やはりワインはフランスですね。
皆さんにも大好評でした。

05C2F0E1-0572-4969-A834-EBA9B9A188D2_1_105_c

その後、スキーヤーズ目線で一樹さんよりヴァルディゼール、代表水澤よりヴァルトランスとシャモニーの魅力を伝えてもらいました。

857169D5-240F-4099-8269-319F90D43B73_1_105_c

皆さんで集合写真!
楽しん晩餐でした。

6474040E-2300-42DF-92A1-45C610E80F55_1_105_c

C224357E-104F-4178-8AB0-9FCE095668CE_1_105_c

園原 遊

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

フェロー白馬ツアー in 白馬東急ホテル 滑走2日目

滑走2日目も天候に恵まれております。
本日は白馬五竜&47にて渡辺一樹さんのレッスンです!

北アルプスだけなく360度大パノラマの景色が広がります。
菅平から日本海に近い雨飾山、新潟の火打、妙高まで望めます。

6E52045C-4423-482D-983D-D43E9780C711_1_105_c

この時期は午前と午後で大きく雪質が変わります。
様々な斜面、雪質に合わせて対応できるような滑り方は非常に重要です。
この点を中心のレッスンで、なるほど!と思うことばかり。
私も一緒に勉強させていただきました。

4E54E51F-3C85-41CB-BE7A-634286480B93_1_105_c

ECD2BC96-BC15-4A71-84B4-093131FA8B0E_1_105_c

379CE2F3-CE2E-4B96-97E9-4E5327A1A5F3_1_105_c

時々景色も楽しんで。

97F62A67-A8CD-4413-AA2E-06D7295AB8A0_1_105_c

DEA1CE7F-4FB3-4653-942B-9FE5D81B080E_1_105_c

このアンパンマンは立派ですね!
ほっぺたが落ちそうですね。

06042366-A0C2-4556-AC88-5ECF917D4288_1_105_c

午前は五竜を中心、午後は47を中心に滑走しました。
47は北斜面が多いため午後でも快適に滑れました。
この点も含めてレッスンいただいた一樹さんはさすが!

D90A0C1A-F825-45CD-9671-07AD39ED7F30_1_105_c

B1692C1B-C4A1-488D-8A06-AC899BBE21AB_1_105_c

A2CCEA4B-52DC-4459-A47A-EB27F4D7271C_1_105_c

527143B8-36AD-4A7C-8853-ADB523E0735E_1_105_c

55962E81-2B9F-4E57-BA12-152A939256BC_1_105_c

517D3C99-C06D-409A-978B-D344C049B108_1_105_c

83EE555A-E0F6-4B8A-8465-BEE7D6D3C975_1_105_c

個人的ですが、競技をしていた頃はよくこのルート3で練習しました。
久々にコブを滑りたくなりました!!!

564BD93D-CF2D-4E76-8ED5-20573D757286_1_105_c

本日の夕食は洋食。
デザートしか撮っていなくすみません。。。。
夕食も毎日楽しみです。

21CECD8C-993B-4405-9A03-A8829D6E1942_1_105_c

明日は栂池です!

園原 遊

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

フェロー白馬ツアー in 白馬東急ホテル

3月のフェロー白馬ツアースタートです!
初日から天候に恵まれ真っ青な空の下、開放的なスキーが楽しめました。

F599515E-CF5C-416F-816F-B4BA79FBDB83_1_105_c

白馬の景観は素晴らしいですね。
何度見ても北アルプスの迫力はNo.1と思ってしまいます。

6395260A-DC94-483F-B305-71E7EFE34DFE_1_105_c

白馬三山「白馬」「杓子」「白馬槍ヶ岳」と絵になります!

3752FA31-F459-4E01-B6BB-82962F2BC96F_1_105_c

今年は降雪も多くありましたが、雪解けも早いそうです。
しかし、上部はまだまだ雪はあります!

この景色、ニュージーランドに似てますね!?

76583B8A-A723-484B-88FD-8F4C8CDE9E75_1_105_c

お泊まりは白馬を代表する白馬東急ホテル。
おもてなしからお部屋、施設、料理とどれも素晴らしいです。

3E32ED38-FA81-4CB5-A24B-70637FEE5A64_1_105_c

本日は和食でした。
趣向を凝らしたお料理は箸が進みます。

1E2D3166-0FCD-4B82-A9A3-62C2206B6AE7_1_105_c

64F0DCE2-B358-40FF-BA10-ACC28D3CBE25_1_105_c

84ED02A3-20E4-4E4E-8147-9E2A77B2AD02_1_105_c

明日は白馬五竜&47です!

園原 遊

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

安比&八幡平ツアー滑走3日&4日目

皆さんこんにちは!
滑走3日目は早朝に雨が降りなかなかの春雪!
しかし、お天気は良く八幡平の市街まで見渡せます。

安比は本当に良いスキー場です。
ここまで縦に長く伸びる斜面が多く備わったスキー場は他を探してもないですね!

1AC6884A-0A8E-4E25-A04D-11AD7A89B469_1_105_c

4F9DDE43-02E4-4877-AF60-820856830ADA_1_105_c

BD38E902-0D18-4830-B037-405DE78B667D_1_105_c

F5E04169-57BA-450D-B09C-822D24E993FB_1_105_c

本日は少し早めに上がり、温泉で疲れを癒し最終日に備えます。

夕食は日替わりで和・洋・中の料理を頂きました。
今晩は洋食料理。

ED2E957F-1472-4BC7-8569-1E62027375AD_1_105_c

D0E83B3B-B478-4110-A894-7F13CDDEC751_1_105_c

 

滑走最終日は、リフト運転に合わせて8時に並びます。
ファーストトラックいただきます!

CDD14E84-E124-4679-BC5F-4999FF586C6C_1_105_c

76FF6B55-1F62-4BEF-87E9-6E92C1C3A750_1_105_c

最終日も岩手山を望め快晴の中滑走を満喫できました〜!

F87B86C1-41AE-42D2-BA59-E429BCD93754_1_105_c

久々に日本でこんなに青い空を眺めることができました。
爽快ですね!

920C26CE-49E2-4BCA-9319-23DEE97AE6B6_1_105_c

今回ご参加頂いた皆さん、本当に有難うございました!
またどこかで、ご一緒できること楽しみにしております。
様々な雪質でしたが天候に恵まれたツアーとなりました!

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

3/6発北海道・富良野スキーツアー初日

IMG_1670

皆様、こんにちは、北海道・新富良野スキーリゾートから小瀬です。昨日から、新しいお客様5名をお迎えしスキーツアーがはじまりました。

本日、明日と二日間、富良野ゾーンと北の峰ゾーンをご案内します。

先週と違い、本日は終日曇りの天気予報。昨晩降った雪とマイナス気温(山頂は−10℃)なので雪のコンディションは良さそうですが、雪面の見え方だけが気がかりです。

IMG_1680

オフピステも、雪がふかふか状態。ボーダーやファット履いたスキーヤーが雪煙を撒き散らし楽しそうに滑っていました。

IMG_1687

天気予報が外れあっという間に太陽が出てきました。ラッキーです。テンションアップ!

ガイドは何の説明をしているのでしょうか? 膝の入れ方、スキーエッジの立て方か何かのアドバイスしてる???

IMG_1690

北の峰ゾーン、いつもと違ったエリアからの一枚。

間近に迫る富良野の街の迫力に、思わず1枚パチリ。

IMG_1695

IMG_1696

IMG_1704

全員で記念写真。残念ながら、本日は富良野の山並みは見えませんでしたがこの天気に感謝です。

IMG_1733

IMG_3543

本日も、9:00から15:00までたっぷり滑りました。下山はロープウェイ降場からホテルまで、ノンストップ。程よい斜度で気持ち良いクルージングできました。

明日は雪の予報、パウダースノー楽しめると嬉しいな。

小瀬信広

本日のディナー

IMG_3606

メインの国産牛ロースのディジョン風和風ソースとのコンポジション

IMG_3607

イチゴ香る二つのベリーのミルフィーユ仕立て

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

安比&八幡平ツアー滑走2日目

滑走2日目は十和田湖八幡平国立公園に位置する八幡平リゾートへ。
安比より車で30分ほどで到着です。

午前中は八幡平パノラマスキー場へ。

3E41E27E-E63F-4221-BBC9-F576E2AC3572_1_105_c

今日最も驚いたのはほぼ貸切状態のスキー場!
春雪でしたが思いっきりカービングターンで皆さん攻めましたよ〜!

40001528-746A-4C01-9A37-010A62155BBA_1_105_c

昼前には向かいの下倉スキー場へ。
無料バスが1時間に1本ほど運行しています。

3A55AC16-7B57-46A4-B607-7E0D1D90B504_1_105_c

ランチタイム!
ここも貸切状態。

D22F6334-06D6-4005-9335-C483FACA104A_1_105_c

午後は最大斜度37度の下倉の壁を滑ります。

DB11AA88-5314-4132-AF46-0DD1FE2406E9_1_105_c

下倉は降雪があればツリーランも楽しめるスキー場です。
リフト3本ですが標高差も約600Mほどあり充分楽しめました!

6B09B3BD-7199-45C3-9BA7-9AB28FA67111_1_105_c

明日は安比を1日かけて滑ります。

園原 遊

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

安比&八幡平ツアー滑走1日目

安比&八幡平ツアースタート!

ツアー初日は午後より滑走開始です。
安比といえば正面に聳え立つ「ホテル安比グランド」がシンボル的な存在です。

6D415EE4-721E-4C62-91ED-2BBBCDC7417D_1_105_c

初日から天候に恵まれ山頂からは大パノラマが広がります。
岩手山をバックに1枚!

DF7E7AC7-0B98-4289-B3D3-5561B00691E7_1_105_c

E4A74912-E7E3-4545-8896-83E6EAE4A6E6_1_105_c

青森の岩木山や八甲田まで綺麗に見渡せました。

E27BB8CA-0199-44B7-9B2D-253125E9C6E1_1_105_c

安比は山頂から伸びる1枚バーンが魅力!
標高差もあり気持ちの良いロングランが楽しめます。

EB3E06BD-51D8-4918-A470-B45B23C48F90_1_105_c

08A0268F-11EE-4F71-9321-A1DBC65FC742_1_105_c

初日から上々の滑り出しです!

811350B8-F881-46CE-A172-C25C39060C8B_1_105_c

園原 遊

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

八甲田パウダースペシャル(ゆっくり、のんびり)

滑走ルートに変化を楽しみながらじっくりと楽しむ。

滑走ルートに変化を楽しみながらじっくりと楽しむ。

 

楽しそう、自然との対話がスキーの醍醐味。

楽しそう、自然との対話がスキーの醍醐味。

 

大岳をバックに優雅なパウダーラン

大岳をバックに優雅なパウダーラン

 

赤倉岳と樹氷と調和した滑走シ—ン!

赤倉岳と樹氷と調和した滑走シ—ン!

 

今日のフィ—リングですね。

今日のフィ—リングですね。

 

昨日とは同じ場所とは思えないスタート地点。

昨日とは同じ場所とは思えないスタート地点。

 

流石なリカバリー?

流石なリカバリー?

 

いつもセンターに乗る安定感ある滑り。

いつもセンターに乗る安定感ある滑り。

 

きれきれのパウダースキーイング。

きれきれのパウダースキーイング。

 

常にオ—ントレイルを刻む楽しみ。

常にオ—ントレイルを刻む楽しみ。

 

森の妖精のごとく参上!

森の妖精のごとく参上!

 

休憩しながら森林浴も兼ねる癒しタイム。

休憩しながら森林浴も兼ねる癒しタイム。

 

まだまだ続くツリーラン。

まだまだ続くツリーラン。

 

もうすぐゴ—ル、最後の余韻を楽しむ。

もうすぐゴ—ル、最後の余韻を楽しむ。

 

心地よい疲れと達成感が湧いてくる。

心地よい疲れと達成感が湧いてくる。

 

3月4日(木)晴天、気温−6度

待望の晴天に恵まれ、朝一ロープウエイで山頂駅へ上がると絶景に遭遇。東に岩山が聳え立ち、その南には白神山地、秋田県の阿仁森吉山、太平山、駒ヶ岳が。。少し登れば陸奥湾、津軽海峡を左側に、下北半島を右手に太平洋、うっすらと北海道方面が霞んで見えました。

北八甲田、南八甲田の峰々、青森トドマツに造成された樹氷がまだ、残っており、まさに冬の八甲田の風景に遭遇。

前岳へ向かってまずは程よいパウダーを快適に滑走!ちなみに前岳を登れば 銅像ルートに行く大斜面を滑走ができる人気のルート。雪中行軍で遭難死が発生した現場です。前岳を眺めるだけにして、西側へルートを進みながら途中、トドマツの大小のツリーフォ—ルをぎりぎりに通過しながら、岳樺のツリーランから、間隔の空いたブナ林の広大な山林をロング滑走を満喫。八甲田ならではの樹氷原のオ—プン、畝る地形、静寂な森のツリーランまでシ—ル登行なしの変化に富んだバックカントリースキーを楽しんで頂きました!参加メンバー全員が自分だけのトラックを刻みながらエンジョイパウダーを楽しんでいたのが印象的です。八甲田パ—クの大平さん、横山さん、勝山さん、そしてフェロースタッフと滑って頂いた川崎さん、どうもありがとうございました。サイドカントリーながらシ—ル装着なしにBCスキーエリアを体験頂きました。水澤 史

山頂駅での記念ショット

山頂駅での記念ショット

 

 

爽快なパウダー滑走

爽快なパウダー滑走

 

赤倉岳を背後に颯爽と滑る。

赤倉岳を背後に颯爽と滑る。

 

雪煙を上げながらスピードに乗ってパウダーを駆る。

雪煙を上げながらスピードに乗ってパウダーを駆る。

 

安定感抜群のパウダーテクニック。

安定感抜群のパウダーテクニック。

 

陸奥湾に飛び込むような絶景スキー。

陸奥湾に飛び込むような絶景スキー。

 

華麗な大平ガイドのツリーラン

華麗な大平ガイドのツリーラン

 

流れるようにツリーランを楽しむ。

流れるようにツリーランを楽しむ。

 

力強く攻めるツリーラン。

力強く攻めるツリーラン。

スキーのたわみ、かえりを感じるタ—ニング。

スキーのたわみ、かえりを感じるタ—ニング。

 

次回はこんな樹氷に出会えいに来て下さい。

次回はこんな樹氷に出会えるでしょう!

 

 

 

 

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ